砂糖をとることの重要性について

疲れると甘いものが食べたくなるとよく言いますが、これは身体が自然と欲しているもので、血液中の糖分が不足し疲労状態となっているのです。他の食材でもエネルギーの補給は出来ますが、砂糖は食べて数分で回復してしまうという脅威の回復力を持っているのです。

3時のおやつとよくいうのも一日の中で疲労を感じ始める時間帯でもあるのです。車の運転などで疲労感を感じるとチョコレートやキャンディーを食べるのはよい解決策で、外国では安全運転のために食べるとよいとまで言われているところもあります。甘いものは太るし肌に悪いし高血圧や糖尿病を招くしと敬遠されがちですが、適度な摂取は疲労回復に効果があるということなのです。上手に食生活でも工夫していけば十分甘いものをとりながらヘルシーな食生活は可能です。
もちろん健康的な食生活の中で砂糖のとりすぎはよくありません。特に白砂糖は疲労のもとともいわれていて漂白されているのが身体に悪いので、黒砂糖を選ぶようにしましょう。ビタミンやミネラルが豊富で深い味わいです。

甘いものがよいというとついつい食べすぎてしまいがちですが、我慢しすぎ食べ過ぎ等やりすぎがよくないということです。きちんとヘルシーな食生活を心がけていきながらも適度に質のよい糖分を摂取していくことが大切ですから、できるだけ控えながらも我慢することがストレスになってはいけませんし、フルーツなどの甘味を摂取したりしながら、甘いものも取り入れていくようにすると良いでしょう。

 

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.3

このブログ記事について

このページは、maxuserが2014年4月21日 10:15に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「身体を温める料理を食べることが重要ですよ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。