身体を温める料理を食べることが重要ですよ。

まず、身体を冷やすと疲労がたまりやすいといわれているのですが、食事では体を冷やす食べ物があるので注意しておきたいですね。トマトやきゅうりなど夏に収穫される野菜は注意です。特に火を通さないサラダを食べるのが身体を冷やす原因になります。トマトは疲労回復にはよい食材ですから温かい料理を取り入れたりして工夫していきましょう。酵素摂取とはいえ、生のものばかりでは身体を冷やしてしまってよくないこともあるのです。また、マンゴーやパイナップルなどの南国のフルーツも同様ですので注意が必要です。
また、逆にあたたかいものを食べると血行が良くなって身体があったまり疲れがとれたり精神的にもリラックスできたりします。特に、かぼちゃやにんじんなどの根菜類や暖色系の野菜が良いです。ハーブティーや紅茶なども身体をあたため、赤ワインや日本酒はビールなどよりオススメです。ただ、こういった飲み物は飲みすぎに注意しましょう。アルコール類は特に健康面でもよくありません。そして唐辛子などの辛いものや生姜なども身体をあたためてくれます。

こういった身体を温める効果のものをうまく日々の献立に取り入れていくことで身体を冷やさずに疲れなどを遠ざけてくれます。特に冬場や冷え性の人などは疲れやすかったりもしますので、動物が冬眠するように人間も眠かったり身体がだるかったりということもあるでしょうが、身体を温めながらしっかり動かすようにして冷え対策を内側からもしっかり行っていくようにしましょう。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.3

このブログ記事について

このページは、maxuserが2014年4月21日 10:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「砂糖をとることの重要性について」です。

次のブログ記事は「乳酸菌のサプリメントが疲労回復に効く!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。