暮らしの中での照明と身体とのかかわり

照明に関してはさまざまなものがでていて選ぶ照明によってどれだけ部屋でくつろげるかというのが違いますし、就寝時や起床時の照明なども工夫していくと疲れの取れ方が違うでしょう。毎日のことですから、効果を実感出来るように照明にはこだわっていきたいものです。

まず日々の証明はできるだけ明るい方が生活しやすいでしょうが、寝る前や寝ているときはリラックスできるような関節証明があると良いでしょう。寝ているあいだは真っ暗の方が安眠できるという人がほとんどですからタイマー機能があるようなものも良いかもしれません。

商品としてもリラックスできるような照明というのは沢山出ていてそれらは好みで選ぶのが良いでしょう。また、寝る前はオレンジの照明をつけると良いと言われていますが、起床時に目覚まし時計として使えるような照明もあります。これはセットしていたタイマーの時間に合わせて明かりがどんどん明るくなってくれて自然と起きられるというものです。目覚まし時計の音にびっくりして飛び起きるということがありません。

照明を生活の中でうまく変化させることで体内時計を調節してくれるような効果もありますし、安眠できなくて疲労が蓄積して突然死してしまうような人もいるくらいですから、そういった体調の悪化を防ぐためにも、照明など部屋の環境作りにもこだわって生活していきたいものです。照明なども微妙に自分の好みがあったりしてリラックスできる環境も違いますから上手に取り入れていきましょう。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.3

このブログ記事について

このページは、maxuserが2014年4月21日 10:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「良質な睡眠をとるためにアイマスクを利用するのはアリか?」です。

次のブログ記事は「マッサージ機器はどのようにして使用していくのが理想か?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。